トップへ > 磁石とは


磁石にくっつくもの

磁石が鉄を引きつけるという現象は古くから知られていましたが、「なぜ鉄だけなのか?」「間にものをはさんでも力が伝わるのは何故なのか?」といった疑問が謎とされ、神秘的な現象の代表と思われていました。

磁石にくっつく物質を強磁性体と呼び、また、くっつける力をもつ物質を磁石、あるいは永久磁石とよびます。もちろん磁石も強磁性体の一種です。

それではどのような物質が強磁性体なのか分けてみましょう(室温で)。

  磁石にくっつく(強磁性体)  くっつかない(非磁性)

金 属

Fe, Ni, Co

Al, Cu, Mn, Cr etc
高級ステンレス(Fe-18 Cr-8Ni)
(ステンレス流し)

合 金 FeNi(パーマロイ), FeCo
ステンレス(Fe-Cr-C)(刃物用)
MnAl磁石Cu2MnAl(ホイッスラー合金)
 
金属間 SmCo5(サマリウムコバルト磁石)  
化合物 Nd2Fe14B(ネオジム磁石  
酸化物 Fe3O4(マグネタイト)
γ-Fe2O3(マグへマタイト 立方晶)
α-Fe2O3(ヘマタイト 六方晶)
化合物 BaO・6Fe2O3(Ba フェライト), CrO2
多くの遷移金属化合物(硼化物, 燐化物)
 
有機物 なし ほとんどすべて

こうして見ると、強磁性発現の条件として鉄属遷移金属を含むことが必要であることがわかります。例外として希土類金属のガドリニウム(Gd)は室温でかろうじて強磁性を示すことが知られています。


ネオジウム磁石異方性フェライト磁石 | マグネットバー
キャップ磁石 | ネオジキャップ磁石
ご利用案内 | 特定商取引法の表示 個人情報の取扱について

Copyright(C) 2007-2012 株式会社サンギョウサプライ All rights reserved.無断複写・転載・レイアウト模倣を禁じます